スロット

大学生はスロットで月20万稼げる? 凄いメリットとやばいデメリットがあるのよ

お金は無いけど時間がたっぷりある。それが大学生というもの。その時間を使ってお金をがっつり稼ぎたいですよね。

「コンビニバイトも悪く無いけど、もっと稼いで好きな服買ったり旅行したり美味しいご飯食べたいなーっ」そんなこと1度は思うはずです。

そこで、今回は大学生から始める人が多い「スロット」に関する話をしていこうと思います。

スロットって実際稼げるの?

そんな疑問に学生の時にスロットで稼いでいたトラがお答えします!

 

 

スロットって稼げるの?

はっきり言いますわ!

んな簡単に稼げるかバカヤロー!!

おめーそんな簡単にスロットで稼げるなら客みんな金持ちになって店が潰れちまうんだよアホンダラ!!

……と言いたいところですが事実、スロットで生計を立てたり、副業として毎月数十万稼ぐ人も存在する事実。そう、スロットでお金を稼ぐことは可能です。

じゃあ一体どのように立ち回ってどれくらい稼げてるのかってのを知りたいですよね?ここからはトラの経験値から説明していきますね。

 

月どれくらい稼げるの?

これは幾つかの要素が組み合わさって決まるので、一概には言えないんですけど、ピン(一人でやる)なら10万~60万あたりが目安かなと。なんでここまで差が広がるのかと言うと、以下の要素が収支に関係してきます。

  • 稼働(実践)時間
  • 個人のスキル
  • 住んでる地域
  • 時代

 

稼働時間

スロットと向き合う時間によって当然稼げる最大値が変わっていきます。スロットを打っている時間だけでなく、データを取る時間、打たずに見て回る時間なども含まれます。

「時間をとればその分だけ稼げる!」とはいきませんが、稼げる土台が出来上がれば時間があるほど安定します。

なので、時間を確保しやすい大学生は社会人と比べて稼ぎやすいと言えますね。

 

個人のスキル

これがめちゃくちゃ重要ですw

そりゃそうだ。時間はあるけど下手くそ、台の知識はあるけど勝ち方を知らないなんちゃってスロッターはホール(店)にたくさんいます。そういう人たちが養分として貢献しているから店が成り立つわけで。

そんな養分にならないためにはどうするか?これは別の記事で説明します。

 

住んでる地域

パチンコ店というのは地域性が意外と表れるものです。地域によっては出玉感でばちばち勝負しているお店が複数あるところもあり、一方では設定をあまり入れない殿様商売をしている場所もあります。

さらに、等価禁止の地域、特定の機種が強い地域など、地域によって色が出るのもスロットの特徴です。

自分の地域のお店はどういう特徴なのかを理解する必要があるわけです。

 

時代

スロットは時代によって 稼ぎやすいor稼ぎにくい 環境があります。例えば4号機→5号機に移り変わった時は、5号機は不人気だった分、お店が高設定を毎日使っていた時期があります。

また、ハイエナと言う、当たりやすいゲーム数(ゾーン)や特定回転数まで当たりを引かずに回すことで特典を得られる天井狙いがしやすい時期がありました。

今ではYouTubeでもスロ番組のコメント欄に「期待値がどーたらこーたら」という一般人が多く見られますが、数年前はそんなコメントありませんでした。ハイエナによる期待値稼働は数年前まであまり認識されていなく、2chなどでも馬鹿にされていたんですよ。本当は月30万とか勝てるのに。

しかし、今では「黒バラ」という番組でジロウという演者がハイエナ狙いでバク勝ちしまくってしまい、そのあたりからハイエナは勝てると広がっていきましたね。

このように稼ぎやすいタイミングというのが必ずあります。残念ながら、今は5号機の終焉も近づいていき、5.8号機や6号機といったハイエナに向いてない機種が増えていきます。時代は設定狙いへとシフトして行っているのです。

 

 

大学生がスロットで稼ぐメリットとデメリット

大学生がスロットで稼ぐ。いい響きですよね。では実際に大学生がスロットで稼ぐ、食っていくメリットとデメリットを紹介します。重要なことなのでしっかりと読んで欲しいですマジで。

 

メリットを紹介

まずはスロットで稼ぐメリットを紹介しますわ。

 

バイトより遥かに稼げる

時給換算すると2000円~3000円クラスになります。もちろん勝てるようになるまでは多少時間がかかると思いますが、稼げるようになればこのレベルまでは行けますね。大学生で月20万以上稼げるってかなりヤバイですよね?

ぶっちゃけメリットは大きく稼げるそれだけです。

 

デメリットを紹介

続いてデメリットを紹介します。デメリットをきちんと読んで欲しいっす。

 

スロットが生活の中心になりやすい

これ。本当に大学でも家でもスロットのことばかり考えるようになります。友達付き合いよりもスロットを優先してしまうこともしばしば。

 

どハマりすると中毒になる

勝っていようが負けていようが中毒になって毎日スロット漬け。パチンコ屋って毎日行くとわかるけど、本当に同じ人ばかり。多分スロットで稼ごうとすると毎日行くことになります。その結果大学にあまり行かなくなり、単位を落とす結果になりやすいですね。留年の可能性も十分あります。

 

養分になってしまうことも

それでも勝てればいいんですよ。勝てればお金は増えていきますから。最悪なのが、養分になってそのまま負け続けること。スロットってテキトーにやって普通に勝てる時があるから怖ろしい。それで勘違いしてじわじわ負けて行き借金持ちになる。そんなリスクもあることをスロットを始める前に知ってほしい。

 

 

まとめ

大学生は時間があるのでスロットで稼げる確率が高い。しかも月20万30万稼ぐことも可能

ただし、学生はスロット中毒になりやすい環境でもあり、気をつけないと留年や借金というリスクもあることを忘れないでほしい。

 

次からはどうやって稼ぐのか?勝つための秘策や方法、マインドなどを1つずつ詳しく書いていきます。