スロット

スロットで勝つために必要なスキルは2つだけ これが出来れば養分卒業!

スロットで勝つ方法って何があるんだろう?勝つために出来ないといけない事ってなんだろう?

これからスロットで稼げるようになりたい人、これまで負けてきたけど養分から卒業したい人に向けての記事です。

たった2つのスキルで勝ち組になる

さて、早速ですがスロットで勝つために必要なスキルはたったの2つです。この2つのスキルさえ手に入れられれば、「負け」から逃れることが出来ます。その2つのスキルとは……

  • 「打たない」という選択肢を取れるようになる
  • 店の出玉データやリセット情報などを集め、分析して結果を出せる

この2つのスキル習得が、スロットで「勝ち組」になるために必要不可欠な絶対条件の2つです。現代の5号機〜6号機において、目押し力やビタ押し力はハッキリ言って無くても勝てるのが現状なんですよ。

もちろん一部の台、例えばディスクアップサザンアイズ(設定C)といったビタ押し力が有るとめちゃくちゃ有利になる台もあります。なので目押し力やビタ押し力が無いよりも有った方が良いに決まってます。

ですが、それは「勝ち組」か「負け組」かに振り分けられる際の要因にはなり得ないということをまずは先に言っておきます。

さて、それでは2つの必須スキルについて詳細を見てみましょう。

打たない選択肢を取れるという強さ

実はこれがスロットで勝つために必要なスキルの中で、最も勝ちに直結するけど最も身に付けにくい高い高いハードルなんです。

よく有るパターンとしては、イベント日でテキトーに座って数万勝って

「よっしゃ!明日はスロット行かずに有意義に過ごすぞっ!」

とか思っても、次の日には通常営業なのにも関わらず、変な期待(というか妄想)をして打ちに行ってしまう人は間違いなく多数います。というかほとんどがそうなんじゃ無いですかね?w

トータル負けスロッターにありがちなメンタルなんですよねこれ。事実、TORAもまだ負けていた10代後半〜20歳くらいまではそんな養分まっしぐらな立ち回りをしていました。そりゃぁ負けて当然です。

だってお店が営業を続けるには、出玉を出す以上に客から回収しなければいけません。なので例え還元日に勝てたとしても、通常営業の回収日でテキトーに座ったらそりゃ勝率は大きく下がります。パチンコスロットは確率収束ゲーなので店に行って打つ回数が増えれば増えるほど負けに繋がるってわけですね。

とまぁ、具体例が長くなりましたが、このスキルを持つことによってどのようメリットといいますか、勝てる立ち回りに変化するかを見ていきましょう。

設定狙いの場合

これは先ほどの例にもありますが、特定日(旧イベント日や来店イベント日)の時は設定を使ってくれるお店で、その日はツモれて勝てたとします。それで調子に乗って通常日では設定を使わないのに次の日も打ってしまう。このような養分まっしぐらな立ち回りを避けることが出来るのが1つ。(もちろん通常営業で設定を使うお店もある)

根拠も何もない台で、目の前にデータが良いだけの台が空いていた場合にフラッと座って打ってしまうのを避けることが出来るかどうか。これを避けることが出来るかで収支も変わってきます。

ジャグラーを例に出すと、目の前で2800GでBB6 RB13みたいな台が空いても無闇に飛びつくなって言うわけです。これに反射的に飛びつくようでは養分から抜け出せません(マジで)。なんなら2000GでBB10RB12でも無闇に飛びつくのはアウト。

ちょっと目先のデータが良いだけではダメなんですよ。根拠の薄い台を打たないという選択を取れるかが設定狙いでは重要になってきます。

これ言っても負けてる人とか「収支はトントン」とか言っちゃう人に伝わらないのが悲しいですがwww

ハイエナ稼働の場合

ハイエナの方が収支に直結しやすく、体感もしやすいですね。当たり前ですが、ハイエナは天井まで残り数百ゲームの台、当たりやすいゾーン付近の台を打っていく立ち回りです。

打ち始めのゲーム数は期待値計算によってある程度決まっています。例えば期待値1500円になるゲーム数を打ち始めのボーダーにすることで、それを下回る台は打たないように回避できます。そうすれば結果もついて来て、勝ち組の仲間入りできるってわけですね。

今は期待値計算をしなくてもネットを見れば表になっていてすぐに確認できますよね。なので複数のサイトを参考にして、打ちながら自分でアバウトにボーダーを調整するのが良いと思います。TORAもハイエナの立ち回りはそうやって勝って来ました。

ハイエナで重要なことは、自分で定めたボーダーを下回る台を絶対に打たないことです。店に期待値のある台がないのなら打たずにしばらく待つか、帰るか、別の店に移動して探すかの3通りのみ。絶対にその辺の台をテキトーに打つと言う選択肢を取ってはいけませんw

これの繰り返し、ブレないことがハイエナで勝つための秘訣なんです。打てる台が無いなら移動するか帰る選択肢も持てるようにしましょう。

店のデータや情報を集めて分析できる強さ

続いてもう1つ、勝つために重要なスキルがこれ。データの情報収集能力と分析能力ですなぜこのスキルが重要なのかと言うと、以下の理由があります。

  • お店が設定を使っているのかどうか?を推測できる
  • 高設定の据え置きをするのかが分かる
  • お店がリセットをかける店なのか?を判断できる
  • 通常営業と特定日の設定差がある程度わかる
  • 平均設定がある程度わかる

設定狙いの場合

設定狙いで勝っていくためにめちゃくちゃ必要なスキルです。設定狙いで重要なのは、期待や妄想ではなく、その店が設定を使っていると言う事実が絶対に必要です。

どんなにその日だけのデータが良くても、一見すると高設定のように見えても実は低設定のマグレ噴きだったなんてパターンは腐る程あります。例えばジャグラーで6000Gほど回されていてBB24 RB25という台は高設定と判断する人も多いでしょう。

しかし、実際には2〜4である可能性も普通にあります。というか、結構な割合で騙されているものです。

通常営業で最高設定が4の店では、どんなに数値が良くても4までしかないんです。その日は勝てても、結局その店で何日か打っていると、収支はどんなに頑張っても設定4以下を打って得られる期待収支になってしまいます。そして当然2を打たされることが多くなり収支はマイナス域に。

そんな風に時間とお金を浪費してしまうのを防ぐためにも、お店の出玉データや稼働状況、さらにはガックンチェックで日々の設定の動きを取っておくというのが重要になって来ます。

設定狙いをして稼ぐには、その日だけの収支を追うのではなく、明日・1週間後・そして1ヶ月後に勝てるようにデータを集めなければいけないということを意識しましょう。

ハイエナ稼働の場合

こちらはシンプルです。ハイエナでは前日の最終ゲーム数と当日まだ当たっていない台で回されているゲーム数を足すことで、宵越しのゲーム数を出せますよね?昨日と今日でこのハーデス1050回ってるじゃん!美味しい!って

でも、ちょっと待って。その宵越しを狙えるかどうか、安心して狙えるようにするためにリセットする店なのか、ベタピン放置稼働店なのかを把握する必要性があります。

これも日々のデータ収集が活きるわけですよ。もちろん自分で打って確かめるのも1つの方法で大事な投資です。ただ、日頃からゲーム数をチェックしていれば、「あれ?あの台3日間宵越しなら天井発動するのに救済出てこないな….」と言った気づきがあるはずなんですよ。

そう言った細かい気づきの積み重ねを自分で構築していって、「この店はハマっている台をリセットする」とか「基本リセットしないけどリセットしている台は設定が入っている」とか「必ずリセットかける機種とそうでない機種がある」とか「基本ベタピンで滅多なことがない限りは据え置きだ」とかが見えて来ます。

ここで重要なことが1つ。他のライバルが宵越しを狙っていないからと言って、必ずしもリセットをかけられているというわけではないんです。客層にもよるんですけど、ハイエナ稼働ができる店って客のレベルがそこまで高くないことが多いんですよね。だから意外と気づかれていないってことも普通にあります。

ライバルの動きは確かに参考にして良いと思いますが、正解だとも限らない。これを頭の片隅に入れておくことで、他の人と差をつけることができます。

 

まとめ:目先のものに惑わされないこと

パチスロで稼ぐためには、設定狙いとハイエナ狙いの2通りがあります。そして、どちらにしてもデータ収集が命とも言えます。思考停止するのではなく、常に疑いを持って考えることでジワジワと勝てる力が身についていきますね。

TORAもハイエナで勝てるようになったのは20歳の時。その時はとにかく前日辞めゲーム数のデータを集めてハイエナできる店を見つけました。

GODやモンキーターン、戦国乙女や番長2など、ARTやAT機のハイエナでは勝てるようになったのですが、ジャグラーでは思ったような結果が出ませんでした。

なぜハイエナでは勝てるのに設定狙いでは勝てないのか?レギュラー先行の台を打っているのにも関わらず!

その理由は店が設定をそもそもジャグラーに使っていないからなんですよねw これに気づくのに数年かかりましたwww どんなにその日だけの数千ゲームのデータが良くても、実際は4以下だということに。

それまでは店は設定5or6を使っているという前提で疑うこともせずに設定狙いをしていたんですが、これが間違い。

今では出玉データ+日々のガックン(ガックンが効く店)で日々の最高設定と、設定の動きを追うことでジャグラーのみの設定狙いでも勝てるようになりました。ここまで来るのにかなりの時間がかかりましたね。いやーほんとスロットって難しいw

スロットの攻略サイト管理者で有名なだてめがね氏も最初は設定狙いで苦戦していましたしねw 確かマイジャグ2の記事で「設定狙いは勝てない(キリッ (うろ覚え)」って言っていてコメントで閲覧者に色々否定されていたのを覚えています。

目先のデータで出来るハイエナ稼働が簡単な分、その勢いで設定狙いをすると痛い目にあうよということがここからも垣間見えてきます。

今回覚えて帰るべき格言は目先の数値に惑わされるな!です。以上!